有限会社 伊東精麦所は大麦の精麦製造をはじめ、近年、大麦由来のポリフェノール抽出に成功し、大麦食品の可能性を追求しています。|長崎県諫早市

qrcode.png
http://www.e-mugi.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社 伊東精麦所
〒854-0065
長崎県諫早市津久葉町99番地36
TEL.0957-25-2255
FAX.0957-26-0041
004341
 

大麦の効果について

   
縄文時代後期(約4,000年~3,000年前)に大陸から伝来している大麦。最近では若葉が青汁に使われたりして何となく栄養があるのは皆さんご存知かもしれません。
でも、大麦自体の効能って知らない人も多いのでは?
実は大麦には血中コレステロールの低下、食後血糖値の上昇抑制、腸内環境の改善などうれしい効能がいっぱいあります。
   
◎血中コレステロールの正常化 ⇒ 心臓疾患の予防
◎食後血糖値の上昇抑制    ⇒ 食後血糖値を穏やかにする作用(糖尿病の予防・管理)
◎満腹感の維持作用      
⇒ 食欲コントロールの改善


について「機能性について肯定的な根拠がある」として大麦β-グルカンに健康機能性があると認められました。
   
○植物ポリフェノールとは?
  植物ポリフェノールは、多く植物に含まれており、その種類は5,000種類を超えるともいわれています。
  植物が紫外線、病害虫から自らを防御するために作り出す生理機能です。
  植物ポリフェノールのさまざまな作用として、抗酸化力を向上させる働きがあるといわれています。
  
○ポリフェノールの摂取
  ポリフェノールを摂取する場合、一日に1,500㎎摂取するのが理想とされます。
  ポリフェノールは殆どが、水溶性であり水に溶けやすく、3~4時間で体内から排出されると考えられます。
  ポリフェノールの摂取については、深刻な障害が出たという報告は今のところありません。
  何事も過剰摂取は良くありません、適度な摂取が重要となります。
  健全な日々をおくりたいものです。
 
 
植物ポリフェノールのさまざまな作用として
 
◎ガン細胞の増殖抑制作用
◎動脈硬化の予防
◎高血圧の予防
◎肝機能の改善
◎腸内環境の改善
血中コレステロールの上昇抑制作用
 
等、抗酸化力を向上させましょう。

伊東精麦所では、大麦の搗精 (とうせい)工程で排出される糠からポリフェノールを抽出しました。これまで、大麦糠は、家畜の飼料等として活用され、世間一般ではあまり注目されていませんでしたが、古来より日本人とともに歩んできた大麦にはたくさんの栄養素が含まれていると信じ、長崎県の研究機関と共同で研究を行ない、ポリフェノールを抽出する工程での回収方法で特許を取得しました。
   
   
<<有限会社 伊東精麦所>> 〒854-0065 長崎県諫早市津久葉町99番地36 TEL:0957-25-2255 FAX:0957-26-0041